湿式

2010年6月26日更新

加工時に水や研削液などの液体を加工対象にかけながら行う加工方法で、砥石や工具への負荷が軽減され、加工面の品質向上にもつながることからほとんどの現場で採用されています。ダイヤモンドホイールなどの回転工具の場合、加工中の研削点(砥石と加工物の接触点)は1000度を超え、この熱は、砥粒へのダメージのほか、加工対象の熱膨張に起因する形状変更、研削焼けの発生、残留応力を伴う加工変質層への影響など高温になると望ましくない現象の起きる確率が高くなります。

ただ作業現場の関係上、廃液処理に難点があったり、水そのものが使えなかったりすることも多く、水や研削液を一切使わない乾式の加工も多く採用されています。

研削油、研削液、クーラントと呼び方はいろいろとありますが、これら加工の際に使う液体の役割は、「潤滑性をあげる」「加工個所を冷やす」というのが最も大きなものです。他にも錆を防いだり、切り屑の付着を防いで目詰まりを防止するなどの効果もあります。粉塵が問題となるような加工でも湿式であれば、ある程度飛散を抑えることもできます。

砥石の切れ味や寿命を検討する際、機械条件や砥石仕様ばかりに目が行きがちですが、研削液を使っている場合、これらの種類、濃度、流量なども研削性能や面粗さに影響します。

ガラスであれば、水やソリュブル系の研削液、石材であれば水、金属系であればエマルジョン系やオイル系が多く使われます。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

湿式の関連用語

乾式について
研削液(研削油)の役割は何ですか?

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集