セグメント砥石

2010年6月26日更新

ダイヤモンドホイールをはじめとする砥石は、砥層の部分が連続して一つの輪になっているものと、チップが一つ一つ間隔をあけて取り付けられているものがあります。後者の、砥層に一定間隔で溝が付いていたり、チップを間隔をあけて取り付けたタイプの砥石を、セグメントと呼ぶことがあります。大型の切断砥石は、基盤コストのこともありチップだけを取り替えることが一般的なため、ほとんどがこのセグメントタイプになります。カップ型でもバックグラインディングホイールをはじめ、面の研削・研磨でこのセグメント砥石が採用されているケースもよく見受けられます。

セグメントを採用する理由はいくつかありますが、代表的なものは「切れ味の向上」です。砥層が連続しているよりも、チップ状にし、溝の数を増やせば増やすほど、砥石から加工対象にかかる圧力は上がります。加工物と直接ぶつかる接触部分に、砥層から突き出しているダイヤモンドなどの砥粒がより深く切り込むため、同じ加工条件でも、砥層をセグメントに変えるだけで切れ味不足の問題が解消される場合もあります。

ただ、難点もあります。セグメントで最も問題となるのは砥層とワークのチッピング(欠け)の問題です。砥層間に溝があると、どうしても角の部分への負荷がかかり、それに耐え切れずにチップが欠けてしまったり、加工物が欠けてしまう場合があります。こうした場合、使用条件やセグメントの是非の再検討が必要です。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

セグメント砥石の関連用語

リム
ダイヤモンド砥石の切れ味に影響する要素は何ですか?

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集