CBN工具とは

2010年6月26日更新

CBNは立方晶窒化ホウ素(Cubic boron nitride)の頭文字をとった表記で、ホウ素、窒素からできている人工的に作られたダイヤモンド結晶構造材料です。合成ダイヤモンドを製造するときと同じような環境で作られ、現存する最も硬い物質であるダイヤモンドに次ぐ硬さを持つ材料です。鉄を含む素材を苦手とするダイヤモンドの代替品として産業界で使われるようになりました。合成ダイヤモンドに比べると大型化が難しく、価格も高額です。

このCBNを砥粒とした使ったものがCBN砥石、焼結体として用いたものが切削工具として使われています。CBNは水のある環境では約1000度から酸化がはじまりますが、ダイヤモンドと違い、表面に酸化膜ができるため、内部までは酸化が進みません。ただ水があると加水分解することがあるため、CBN工具を使った研削や切削に油系のクーラントが使われることがあります。

鉄鋼や金属材料の多くは「鉄」を含有するため、金属系の加工には欠かせない工具の一つです。半面、セラミックスやガラスなどに対して使われることはなく、ダイヤモンドが使える状況下ではあまり出番がありません。ボンドはダイヤモンド砥石で適用可能なものはすべて使えますので、レジン、メタル、ビト、電着などが出回っています。

CBNの物性
格子定数:3.62±0.01Å
密度:3.48±0.03g/cc
熱伝導率:0.48 cal/cm・sec・deg
硬度:Hk 4500〜4800

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集