モース硬度、モース硬さ

2010年6月26日更新

鉱物の硬さの順位をあらわしたもので、基準となる鉱物の硬さを10段階に設定し、未知の物体の硬さなどを調べるために使われます。ドイツの鉱物学者モースが1822年に提唱した硬度の基準です。 指標は、引っかき傷がつくかどうかといった点であり、対象となる鉱物が破壊されるかどうかではない点に注意が必要です。 また鉱物の場合、結晶方位によっても面の硬さが変わったり、産地やその鉱物の不純物の有無によっても硬さは変わります。自然に存在する石や鉱物類の指標として使われることが多いですが、近年多種多様なグレードのものが作り出されている各種鋼、金属系、合金系の素材の硬さとしてはほとんど使われることがありません。

基準となる鉱物

  • 1.滑石
  • 2.石膏
  • 3.方解石
  • 4.蛍石
  • 5.りん灰石
  • 6.正長石
  • 7.水晶
  • 8.黄玉
  • 9.鋼玉
  • 10.ダイヤモンド

ダイヤモンドを15とした15段階説による修正モース硬度

  • 1.滑石
  • 2.石膏
  • 3.方解石
  • 4.蛍石
  • 5.りん灰石
  • 6.正長石
  • 7.石英(溶融)
  • 8.水晶
  • 9.黄玉(トパーズ)
  • 10.ザクロ石
  • 11.溶融ジルコニア
  • 12.鋼玉(コランダム)
  • 13.炭化ケイ素
  • 14.炭化ホウ素
  • 15.ダイヤモンド

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集