砥石の目つぶれ

2010年6月26日更新

砥石の砥粒は、研削・研磨中には微小破砕を繰り返しながらワークを削りとり、ワークの切りくずによってボンドも常に削られ、砥石表面の砥粒の生え変わりの現象(自生作用)が起きていますが、「目つぶれ」は、砥石の先端が摩耗していき、脱落も起こらないため、平坦化してしまった状態をいいます。砥石では、微小破砕や脱落が適度に進むことが重要で、これらが全く起きないと砥石が切れない、研磨力の極端に落ちたものになってしまいます。この「目つぶれ」状態も目詰まりと同じく、研削中に過度に発生すると、ワークの表面温度が上昇し、焼けやびびりの原因ともなります。 目つぶれの発生原因は、ボンドが硬すぎて磨耗して役割を終えた砥粒が脱落せずに留まることが主要因ですが、研削条件側での調整が必要な場合もあります。砥石がこの状態になってしまった場合は、ドレッシングが必須ですが、切り屑を払うようなドレッシングではなく、ボンドの表層ごと落としてしまうドレッシングのほうが効果的です。難削材を削る、ダイヤモンドドレッサーを使う、ブラストを使う等の方法も考えられます。

また、加工しようとしているワークの硬度が高すぎるため、砥粒が負けてしまっている可能性もあります。砥石の場合、砥粒のほうがワークより硬度で負けていても研磨はできるのですが、切削などの加工とは異なり一つ一つの刃が適度に生えかわっていく過程に特徴があります。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

砥石の目つぶれの関連用語

目詰まり
目こぼれ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集