研削比とは

2010年6月26日更新

Gレシオ(グラインディングレシオ)とも言います。研削や研磨によって削り取られた体積と、損耗した砥石の体積の比のことです。

「研削によって除去された体積/砥石の損耗体積」で表すことができます。ダイヤモンドホイール、CBNホイールの加工性能を評価する一つの指標として活用されます。この値が大きいほど、砥石の性能(効率的な性能)を持つとされます。切り込み量や送り、周速、研削油などの研削条件が変われば、同じ工作物であっても砥石が発揮する性能は変わってきますので、この研削比も変わります。砥石の仕様が異なるもの同士を比較したり、砥石のコストを厳密に算出する際には(どちらの砥石がコスト優位か等)大変有用な指標です。

砥石のうち、特にダイヤモンドやCBNを含むものは高価で、なるべく寿命の持ちがよいものが理想ですが、一方で切れ味もよいに越したことはありません。本来、この砥石の寿命と、砥石の切れ味は、片方を優先すると片方の能力が落ちていくという関係にあり、減らない砥石というのはすなわち切れない砥石でもありました。砥石の開発とはすなわち研削比を追い求める戦いでもあります。今日では、ボンドや加工対象も多様化し、この値だけから砥石を評価するのは困難になりましたが、重要な指標であることに変わりはありません。

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集