剛性とは

2010年6月26日更新

対象に力を加えたとき、その物体の形状が変化しにくいとき、剛性が高い、高剛性であるといった言い方をされます。

研削盤において剛性の高いものを使うときには、切り込みや研削抵抗による力が機械の主軸などでは吸収されず、砥石側にかかってきます。これは砥石の性能を発揮させる上では好都合で、研削盤の主軸の剛性が足りないと、研削時にかかる力が主軸側に逃げてしまい、振動が発生しやすくなるため砥石が余計に磨耗する傾向があります。振動はビビリの原因にもなり、ないに越したことはありません。一般に、CBN砥石の性能を発揮させるためには剛性の強い機械のほうがよいとも言われます。

ただ、この剛性の度合いについても程度が問題で、研削盤メーカーの中には他社と比較したとき著しく剛性の高い機種を製作しているところもあります。この場合、この剛性に見合った砥石を選ばないと、砥石側が場合によっては負荷に耐えられず、砥粒が意図しない破砕をしたり、研削点に本来砥石が性能を発揮できる範囲を超えた力がかかったりすることで、かえって研削比が低下する場合もあります。研削する対象の硬さや研削のしにくさも関係してきます。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

剛性の関連用語

研削比
砥石のびびり
切り込み量、切り込み深さ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集