ペンシルエッジとは

2010年6月26日更新

ストレートホイールのうち、外周についた砥層の形状に凹みや、凹Rがついたものをペンシルエッジホイール、これを使った加工そのものをペンシルエッジなどとも言います。卑近な例では、自動車の窓をあけた際にも怪我をしないよう、縁が丸まっています。この丸みをつけるための加工で、鏡やガラスの板材として使う加工では割と多い加工方法です。縁の角を落とす加工を面取りといいますが、こうした加工と組み合わせて加工されることもあります。

一般には、大型のガラス板の縁のために使われる例が多く、流れ作業で行なわれ、送りが他の金属加工よりも速く、自動化されています。ガラスの板材をとおすと、両側に寝かせて粒度ごとに配置されたペンシルエッジホイールが縁を凹み形状に研削していき、ガラス板が機械を通り過ぎたあとには加工が終わっているというパターンや、横向きに寝かされたストレートホイールの一つがガラス板の周囲をまわるパターンもあります。

凹Rの形状がそのままガラスの形状となるため、一般的にRの形状は非常に厳密なものになっています。ガラスの加工例ではほとんどがメタルボンドの砥石となりますが、凹Rの形状は使用中に減っていきますので、形状が崩れてきて加工対象の精度が出なくなってくるとツルーイング(修正)を行なう必要があります。こうした部分の製造や修正には一般的に放電加工が利用されています。一つの砥石を完全に使い切るまでに数十回もの修正加工が行なわれることもあります。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

ペンシルエッジの関連用語

放電加工
ガラス研削・研磨用ダイヤモンドホイールについて
ガラスのハマ欠け

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集