ダイヤモンドの破砕性(フライアビリティ)

2010年6月26日更新

砥粒、特にダイヤモンドやCBNについて破砕のしやすさ、つまり砕けやすさ、割れやすさを言います。これに対置するのが靭性という概念です。

破砕性を比較するための共通の指標や規格があるわけではないため、あくまで同一メーカー内での比較となりますが、破砕性のよい(高い、大きい)砥粒といったときは切れ味のよい砥粒とほぼ同義です。ただ、これはあくまで砥粒についてであって、砥石はボンドや気孔含め、砥石の切れ味といったときには他の要素も絡んできますので、破砕性の良し悪しが直ちに砥石の切れ味の良し悪しに直結するわけではありません(かなり影響はしますが、他の仕様が適合していないと切れ味は発揮しづらいこともあります)。また、加工対象が異様に硬い場合、セラミックスや石英ガラス、ダイヤモンド焼結体、CBN焼結体などの研磨加工では、破砕性のよい砥粒では十分に切れ味が発揮できないことがあります。これは砥粒がよく破砕するため、加工対象に負けてしまい、削り込んでいけないことが理由と考えられます。

破砕しやすいものがなぜ切れ味の向上につながるのか、普通はより頑丈で破砕しにくいダイヤモンドのほうが切れ味が発揮されそうにも思えますが、これは砥石がものを削る、磨くことができるメカニズムとも関係しています。 何かを「研磨」すると、表面では砥石の先端から無数に突き出している砥粒が対象をえぐっている現象が起きます。この際、先端が少しずつ丸まっていってしまうと切れ味は発揮できませんが、先端のごくごく一部だけ微小破砕をおこしてダイヤモンドの鋭利な面がまた出てくると、研磨対象に切り込んでいくことができます。また破砕が繰り返されつつ、砥粒を固定しているボンドも加工物の切り屑や破砕したダイヤの破片などで削られており、1個の砥粒が役目を終える頃には、下から次の砥粒が頭を出してきます。

砥石で研磨するとき、多かれ少なかれミクロレベルではこうした作用が起きています。したがって、より鋭利なダイヤモンドを頻繁に出すことができる要素である破砕性のよさというのは切れ味に影響してくるわけです。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

ダイヤモンドの破砕性(フライアビリティ)の関連用語

砥粒について
砥粒の種類:ダイヤモンドとCBN(ボラゾン)
自生作用(自生発刃)

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集