バリ取りについて

2010年6月26日更新

現場ではお馴染みの用語で、加工対象の淵や角などがささくれ立った状態を「ばり」があると表現します。これを除去することを「バリ取り」と言います。金型からモノを抜きだしたときをはじめ、切断や研削など多くの加工様式や工程で起きる現象のため、バリをとる専用の工具もあります。目視できないほど細かいバリもあります。これがあると加工対象の寸法を正確に出せず、チャックへ正確に取り付けることもできないため、加工や組み立てに不具合が生じます。

材質によっては、バリによって指に怪我をしたり、製品段階でこれらが出てしまっていると美観も損ないます。バリ取りの多くは、現場の知恵で効率的に取り除く方法が実施されてきており、職場によってはユニークな方法が使われていることもあります。バリに限らず、金属製の素材などに傷やむしれたあとなどができると、その周辺部が盛り上がりますので、精度の面では悪影響を及ぼします。

なお、シビアなはめ合い公差を持つ軸と穴の場合、目視できないほど細かいバリを取るだけで部品同士がかみ合うこともあります。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

バリ取りの関連用語

公差とは何ですか
H7などの記号で示される「はめあい公差」とは何ですか?

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集