ユニファイねじの規格にはどのようなものがありますか

2012年9月14日更新

ユニファイねじ、通称インチねじの寸法を規定した規格としてはJISで次の二つがあります。

  • ユニファイ並目ねじ
  • ユニファイ細目ねじ

細目ねじのほうがピッチがより狭いものになります。

ねじの記号には、ユニファイ並目のほうがUNC、ユニファイ細めがUNFの三文字がついています。またインチ表記独特の分数表記が適用されています。

例えば、ねじの呼びが1/4-20 UNCの場合、UNCねじのうち、あとについている20が1インチあたりのねじ山の数を示しています。また1/4は慣習的に「二分(にぶ)」と呼びます。これはユニファイねじのサイズの区分が1インチの8分の1(3.175mm)を区切りの単位としており、2/8を約分したため表示上は1/4ですが、分母が8だった場合の呼び方が採用されているためです。

一般に、メートルねじと近いピッチのものは、外径がやや細くなる傾向があります。

このユニファイねじの規格はインチねじの規格でもありますが、対応するISOインチねじの規格は、ISO 263の"ISO inch screw threads, General plan and selection for screws, bolts and nuts-Diamter range 0.06 to 6 in"となります。ISO規格では、同じ規格の中で細目系列と並目系列があり、規格としては分離されていません。

スポンサーリンク

ユニファイねじの規格についての関連記事

>このページ「ユニファイねじの規格にはどのようなものがありますか」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集