EUの関税の調べ方

2013年2月26日更新

EUは27カ国で構成されていますが、これらの国同士での輸出入では関税を課さないため、原則、EU圏内での貿易では関税を考慮する必要はありません。但し、税制まで各国で同じというわけではない為、関税以外の諸税については通関時にかかることがあります。これら付加価値税などの諸税は各国の規定に従い、支払う必要があります。

EUの国々とその域外との貿易については、EU側は対外的に共通の関税を設定しています。例えば、日本からはEU諸国のどの国へ輸出しても、同じ関税となります。もし日本とEUとの間でFTAやEPAといった関税の減免の為の協定が結ばれた場合は、EU域内のすべての国について同じように減免された税率となります。

こうしたEU共通関税率のことを、TARIC(Integrated Tariff of the European Communities)といい、日本語訳では欧州共同体統合関税率やEU統合関税率と訳されています。

EUの関税の調べ方とは、このTARICを調べることでもあります。簡単に調べる方法としては、以下の方法があります。

ただ、関税調査全般に言えることですが、WTO加盟国に共通して設定されているMFN税率(一般税率やWTO協定税率とも言われます)の他に、もしEUとの間で自由貿易協定などを結んでいる国からの輸出入で、こうした協定が適用可能であれば、より安い税率を適用できることがあります。

またEUにはGSP(一般特恵関税制度)もあります。これは開発途上国との間の貿易の際、EUへ輸出する物品の関税率に特別に安いGSP税率を適用するというものです。これが適用となる場合も通常のMFN税率とは異なります。

欧州議会が公開している公式サイトでTARICを確認する方法

EUの共通関税は、欧州議会のサイトで検索することが出来ます。製品のCNコード(HSコードと6ケタまでは同じなので、日本のHSコードを参考に入力できます)を入力し、仕向け国か原産国を選ぶと、該当するデータが表示されます。国の部分を空欄すると、各国のデータが一覧で見ることが出来ます。

Taric consultation(EUの共通関税率)
欧州議会が運営しているウェブサイトで、EUの共通関税であるTARICを調べることができます。TARICとは欧州共同体統合関税率のことで、正式名称をIntegrated Tariff of the European Communitiesといいます。

World Tariff(Fedex社運営)を利用する方法

Fedex社が運営するWorld Tariffを利用する場合、輸出入を行いたい物品のHSコードと仕向け国が分かれば他国の同様に、EU諸国と輸出入を行う場合の関税率を調べることが出来ます。

World Tariff(民間の関税率データベース)
Fedex社が運営する関税のデータベース。
JETRO経由のWorld Tariff申込みページ
なお、JETRO経由で申込みをすると無料で利用できます(2012年現在)。

スポンサーリンク

>このページ「EUの関税の調べ方」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集