HSコードの付け方

2013年7月15日更新

HSコードは輸出申告の際、あるいは輸入申告の際に記載が求められるもので、実務上は通関士が番号をつけることが多いのですが、貿易に携わるメーカーや商社であっても、HSコードを記載しないと先に進めないことも業務上は多々あるかと思います。

自分でHSコードを特定する必要がある場合は次のような方法で見ていくことができます。

まず用途で見る

その物品が何に使うのか明確になっている場合、最終的な用途や役割からHSコードをつけていく方法があります。例えば自動車用の部品ということであれば、鉄鋼製品というカテゴリーにも該当するとしても、用途である自動車用のほうから見ていくことが一般的です。一つの物品でも複数のHSコードに該当する可能性のあるものもあります。

こうした場合は原則として現地税関の判断にゆだねることになります。輸入申告の前にあらかじめHSコードをどうしても特定させておく必要がある場合は、事前教示制度というものを設けている国もあります。これはあらかじめ物品がどういうものか現地税関に書面で提示し、HSコードを前もって教えてもらうというものです。この結果が実際の輸入申告の際に拘束的な意味をもつEUのような地域もあれば、参考程度に見る、尊重はするという国もあり、なかには税関担当者によるという国もあります。

そもそも事前教示制度がない国もありますので、仕向け地によって対応を事前に検討しておいたほうがよいかもしれません。

HSコード一覧表では、上2桁(最初の2桁)となる「類」をまず特定させる必要があり、そこから段々と掘り下げてみていくことになります。

材質で見る

こうしたことができない物品や、固有の用途によるカテゴリーがHSコードに存在しない場合、次は材質を見ていくことになります。

複数の材質が混ざっており、その混合物がどこのカテゴリーにも入らないような場合は、重量比で多いほうのHSコードを振っていきます。

役割で見る

複雑な機械装置で、何をするものなのかの用途で見てもカテゴリーが存在しないものは、その装置における「主な役割」を担っているユニットに対してのみHSコードを割り振るという方法もあります。

スポンサーリンク

>このページ「HSコードの付け方」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集