ダイヤモンドの硬さはどれくらいですか。

2009年9月14日更新

ダイヤモンドは、あらゆる材料のなかで最高の硬さを誇る素材で宝石としてのほか、工業用途の利用価値の非常に高い鉱石の一つです。天然のもののほか、合成ダイヤモンドが開発されて以来、多くの用途で社会の暮らしに役立てられています。実際に他の材料としてダイヤモンドがどのくらい硬いのか、下記の表をご覧ください。熱にはあまり強くなく、また結晶の方向によって硬さもかなり変わりますが、2番目の硬さとの差が大きいことが伺えます。

ダイヤモンドの硬さと砥石、砥粒、工具用途の素材硬さ一覧
材料名 ヌープ硬度(kg/mm2) 密度(g/cm3) 溶融温度、解離温度
ダイヤモンド(天然・合成) 8000〜10000(結晶方向にもよる) 3.5 3700(ただし800℃前後から黒鉛化、硬さが低下していく)
CBN 4500 3.5 1200℃前後から酸化、加水分解
B4C(高温プレス) 3700 2.5 2450
  マイクロビッカース    
TiC 3200 4.25 3140
WC 2400 15.5 2867
WC-Co(94-6) 1600 14.5 2600
TaC 1800 14.48 3877
TiN 1770 5.4 2940
AlN 1225 3.3 2200
Al2O3(アルミナ) 2200 3.97 2015
VC 2800 5.36 2830
SiC 2500 3.21 2100

スポンサーリンク

>「ダイヤモンドの硬さについて」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

ダイヤモンドの硬さについての関連記事とリンク

砥粒の種類:ダイヤモンドとCBN(ボラゾン)

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集