ダイヤモンドホイールのドレッシング方法について

2009年9月14日更新

ダイヤモンドホイールの切れ味が落ちてきた際に、効果的にドレッシングすることで切れ味を保つことができます。砥石のドレッシングにはいくつか方法が知られていますが、どの方法も、砥石表面のボンド層のみを削り取って砥粒の目立てをしていくという点で共通しています。

ドレッシングは砥石の手入れのうち、非常に重要なものですので、ワークや加工方法、砥石の種類によってもっとも適した方法を見つけられるのがベストです。

ドレッシング方法の一例

WA・GC(一般砥石による)スティックを用いる方法
一般砥石のスティックを、回転するダイヤモンドホイールやCBNホイールにあてて行なうドレッシング方法です。やわらかい砥石ですので、ダイヤモンドやCBNなどの砥粒を損傷することなく行なうことがきます。ドレッシングに使う一般砥石の粒度は、一段階程度粗いほうが効果的です。
生材を使う方法
焼入れ鋼などの研削をする場合、焼入れ前の生材を研削してダイヤモンドホイールのドレッシングを行なうことも出来ます。
軟鋼(難削材)を使う方法
上記とほぼ同じ方法です。砥石を使った研削・研磨では、軟らかい素材ほど研磨するのが難しくなります。難削材ほどドレッシング用の素材として向いている、という点を利用したドレッシング方法です。ただし、この方法の難点はダイヤモンドホイール側も減ってしまう点で、加減を間違うと砥石自体が損耗してしまいます。削りにくい金属(延性材料)であれば、ドレッシングに向いています。SUSや銅などでも可能です。
ブラストを使う方法
ダイヤモンドホイールの粒度よりも若干粗めの粒を使ったブラスト処理により、目立てを行なう方法です。ダイヤモンド砥粒を回転方向の別なく均等に目立てできる点が優れていますが、ボンドテールが発生しないため、砥粒の保持力に難点があるとされます。継続して使われるというよりは、初回だけ使われるドレッシング方法です。

スポンサーリンク

>このページ「ダイヤモンドホイールのドレッシング方法について」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

ダイヤモンドホイールのドレッシング方法についての関連記事とリンク

ダイヤモンドホイール・CBN砥石のドレッシングについて

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集