砥石の目詰まりについて

2009年9月14日更新

砥石の目詰まりとは、研削・研磨時に発生するワークからの切り屑が砥石の表面にこびりついて、覆ってしまうことで切れ味が著しく低下する現象です。

研磨や研削をするとき、砥石の表面もまた切り屑によって削られ、切り屑をうまく排出させるためのチップポケットが詰まることがなければ、削ったワークの屑は砥石の表面を覆い尽くすことなく研削性能も落ちずにすみます。

上述のチップポケットの役割を果たすのは、一般の研削砥石では「三要素」の一つでもある気孔になります。この砥石の気孔が小さすぎたり、量が少なすぎると切り屑や切り粉をうまく排出できなくなります。

ダイヤモンドホイールやCBN砥石のうち、メタルボンドやレジンボンド砥石には気孔が全くないかほとんどありませんので、切り屑が砥石の表面のボンド層をうまく削ってチップポケットが生成される必要があります。

目詰まりに起因する問題と対処方法

砥石の目詰まりを放置すると、単に切れないだけでなく、ワークとの間の研削抵抗が増えていきますので、発熱量が増加して「焼け」や「びびり」の発生にもつながります。

目が詰まってきたら、ドレッサーを使って定期的にドレッシング(目だし、目立て作業)をすることが肝要です。研削砥石の場合、ダイヤモンドドレッサーなどを使って形状を整えるツルーイングとドレッシングを同時に行なうことが出来ます。

ダイヤモンドホイールやCBNホイール等の超砥粒ホイールの場合、研削砥石を削ったり、軟鋼などの削りにくいワークを研削してドレッシングを行なうと効果的です。

スポンサーリンク

>このページ「砥石の目詰まりについて」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

砥石の目詰まりについての関連記事とリンク

砥石の結合剤(ボンド)の特性

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集