ダイヤモンド工具の市場規模やシェアについて

2011年9月30日更新

ダイヤモンド工具の世界市場規模はおおよそ5000億円といわれています。国内で首位のシェアを持つメーカーは、旭ダイヤモンド工業です。同社は国内の約25%の市場を持つとされます。

【参考】国内の主要ダイヤモンド工具、CBN工具のメーカー一覧

ダイヤモンド工具には、いくつかの種類があり、すべてを生産しているメーカーは稀で、それぞれに得意分野とする工具や供給先の業界がある程度決まっている世界でもあります。また大手数社のほかは、中小企業が多く、また業界団体にも加盟していない企業もあります。昨今は業界内での企業の倒産なども出てきていますが、かなり住み分けられているといえます。最も、加工数量が見込めそうな新市場への参入できなければ生き残っていくことが難しい厳しい市場でもあります。

ダイヤモンド工具の製造元は鉄鋼材料用としてCBN工具も生産していることが多いため、この分野の業界団体であるダイヤモンド工業協会では生産量を両者ともに集計されています。

工具の種類としては、切削工具、セグメント工具、カッティングソー、研削ホイール、ドレッサー、そのほかの工具に分類されています。ダイヤモンドホイールは、研削ホイールに分類されます。

国内メーカーのダイヤモンド工具のうち、いわゆるダイヤモンドホイールの年間の生産金額は、2010年で320億円前後となっています。2009年度の金融危機の際は、他の製造業と同様に生産量に直結する生産財でもあることから、各社生産量が激減しましたが、現在は元に戻っており、直近の2011年では前年を上回る好調な市況を示しています。特に輸出で大きく伸びています。参考までに、ダイヤモンドやCBNを使わない「研削砥石」の年間の生産量は、2010年でおおよそ408億円となっています。

ダイヤモンド工具すべての生産金額では、2010年の統計で国内673億円前後となっており、CBN工具で212億円、あわせて886億円となっています。

工業用ダイヤモンドやCBNを使った加工技術、加工工具は現在の産業には欠かせないものではありますが、代替する技術が出てきている分野もあります。また、世界的に見れば、元来高精度でほとんどの産業で強かったヨーロッパ勢、日本勢のほか、台湾や香港、中国、東南アジア、インドなどを拠点にする大小さまざまなメーカーの競争が激化しつつあります。

低価格化の方向性は、同じものを単に低価格にするという方向だけでなく、工具そのものの加工効率を大幅に向上させ、生産量、生産効率を上げていくという方向とに分かれてきています。

あまり特徴のない汎用品のみを扱っているところは、生き残っていくのが難しくなりつつあります。ダイヤモンド工具が使用されている顧客メーカーの生産拠点の多くが東アジア、東南アジアに移っている現状で、現地調達によりコスト削減を進めるという動きはどの分野にも共通しています。とはいえ、まだ日系メーカーの多くで日本製のものは採用されており、低価格を売りにする台湾や中国メーカーなどの製品の品質が追いついていないということもあり、国内のダイヤモンド工具メーカーの輸出金額は、2010年で313億円になります。つまり、国内で生産されるダイヤモンドとCBNを使った工具は886億円、そのうちの35%程度に相当する313億円が輸出されています。輸出先のほとんどはアジアで、313億円のうち268億円、実に85%がアジアへの輸出となっています。現地に進出した日系メーカーのほか、日本水準の加工技術が求められる様々な部品メーカーが増加した結果でもあり、自動車産業が集積するタイを中心にマレーシア、シンガポール、インドネシア等で大きな需要が生まれつつあります。

またこの輸出は、2009年以前は概ね200億円前後だったのですが、2010年、2011年と300億円、366億円と非常に大きな伸びを見せています。

加工の種類によっては、特定のダイヤモンド工具やCBN工具しか使われないものもあるため、顧客市場の動向と連動している業界といえます。

スポンサーリンク

>「ダイヤモンド工具の市場規模やシェア」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「ダイヤモンド工具の市場規模やシェア」についての関連記事とリンク

ダイヤモンドホイールの生産量

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集