CFRPとは

2011年10月3日更新

炭素繊維で強化したプラスチックのことです。電気自動車や航空機の機体などに採用され注目を浴びるようになりました。プラスチックとはとても思えないほどの強度を持ち、重量も軽いため、燃費や航続距離の関係で軽量化が求められる産業にはいち早く採用されました。

CFRPの特徴

CFRPの長所

  • 優れた比強度を持ちます。
  • 複雑な形状の部品であっても一体成形化が可能なため、工数の削減が可能です。
  • 疲労強度にも優れています。
  • 腐食しませんが、条件によっては電食が起きます。

CFRPの短所

  • 高温多湿に弱いという短所があります。
  • 材料が金属材料に比べてかなり高価です。
  • 一度破損すると修理が難しい素材です。
  • 上記に述べたとおり、電食が起きるため、アルミとは相性が良くありません。金属と組み合わせるときはチタンが採用されるケースが多いです。
  • CFRPの素材はプリプレグと言われますが、これは冷凍保管の必要があります。
  • 成形したあとの二次加工が難しく、穴あけやトリム加工などの難易度が高いとされます。
  • また加工時に非常に細かい粉塵が発生するため、これを体内に吸い込まないよう対策する必要があります。
  • 人によってはアスベスト以上に危険だという意見もありますが、粉塵を継続して吸入した場合の健康への影響についてはまだ未知の部分がある素材です。

スポンサーリンク

>「CFRPとは」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「CFRPとは」についての関連記事とリンク

炭素繊維メーカーの一覧

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集