炭素当量の計算式について

2011年3月8日更新

炭素以外の元素の影響力を炭素量に換算したものが炭素当量で、この計算式がよく使われるのは、鉄鋼材(鉄系の合金)についての溶接性と最大硬度の検討を付けることができるからです。鉄鋼材料は鉄以外の合金元素、マンガン、シリコン、ニッケル、クロム、モリブデン、バナジウムの添加量が多いと硬度が上昇する反面、溶接性が劣化するという特性があるため、これらの元素の影響力を炭素量に換算する必要があります。これらの元素によっても影響する度合いが違うため、下記の炭素当量の計算式の分母が違います。鉄鋼材料が成分と焼入れによって如何に性質が変化するかは、こちらの「加工材料の性質と特徴:鉄鋼材料」の各項目をご覧ください。

炭素当量は、鉄鋼材料の成分・鋼種が違うもの同士であっても比較することができる指標の一つです。引張強さに対する炭素当量、溶接部最高硬さに対する炭素当量などが使われます。溶接性についてはJISに下記の式で規定されています。

炭素当量%=C+(Mn/6)+(Si/24)+(Ni/40)+(Cr/5)+(Mo/4)+(V/14)

炭素当量の計算式

スポンサーリンク

>炭素当量の計算式についての先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集