ダイヤモンドホイールの砥石部分がなくなりました。台金はきれいなので再利用できますか。

2011年3月7日更新

全体が砥石になっている研削砥石はともかく、台金に砥層が接着されている工具や砥石は、使いきってしまうと台金だけが残されることになります。捨てるのも忍びなく、これを再利用できないかとの話はよく聞きますが、再利用云々はコストとの兼ね合いで決まります。標準的なダイヤモンドホイールで、砥層に焼結体を使っている場合、台金を再利用して製作するケースと、新しく一から作るケースとではコストがほとんど変わらないことが多いと言われています。台金に一般的に使われるアルミ合金の棒材の費用・加工賃と、使い終わったアルミ台金からブラスト等で砥層の残りを完全に剥離処理する手間や時間を天秤にかけると、再利用のほうが高くつく場合もあります。

ダイヤモンド砥石やcBN砥石で、台の再利用がよく行われるのは電着の場合や、台の形状が複雑なモノや、アルミや鉄以外の特殊な材質を採用しているケースです。電着工具の場合は、シャンク(台金)にダイヤモンド砥粒がニッケルメッキとともに1層だけコーティングしてあるというシンプルな構造ゆえ、使い終わりもはやいという事情のほか、台金の精度=砥石の精度と直結しているため、台金にS45Cなどの炭素鋼で精度よく作る習慣があります。

シャンクに損傷がなければ剥離液に浸して剥がし、すぐにめっき製法で電着を付けることができるので、コストも再利用のほうが安く済みます。ほとんどの砥石は継続使用が前提となると思いますので、長い目で見ればコストメリットがかなり出てきます。特に電着砥石はチャンクの精度が命ですので、この精度が元々高いものであれば値段もそれなりにするため、使い捨てるとコストがかなりかさみます。

台金の形状がかなり複雑なもので加工に手間や費用がかかるものについても再利用を検討する価値はあります。もちろん、これは台金に傷が付くなどしてフランジ現合の際に振れが発生しないという前提の上で行う必要があります。

アルミ合金以外の台金の材質としては、鉄のほか、超硬、ハイス鋼、鋳鉄、セラミックス等があります。熱膨張がより低ければ加工精度も向上しますので、そうした意味合いで材質を変える場合や、砥石とワークが接触するときのクッション性や剛性を考慮しているケース、よりコストの安いものを選択する場合、作業者の負担を考慮して軽量化するためなど様々な理由があります。

スポンサーリンク

>ダイヤモンドホイールの台金の再利用についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

ダイヤモンドホイールの台金の再利用についての関連記事とリンク

砥石の台金(コア)
電着砥石について
電着

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集