砥石に取り付けるフランジとは何のことですか。

2011年3月1日更新

研削盤には砥石を取り付けるための「砥石軸」がついていますが、購入した砥石をそのままつけることは出来ません。砥石の穴径に適合するフランジをまずは砥石側に取り付け、そのフランジを介して研削盤に取り付けます。フランジは研削盤を購入すると元々付いていますが、あとから研削盤メーカーから購入することも出来ますし、メーカー別にフランジを取り使っている販売店もあります。研削砥石では、安全上の理由からフランジの外径は、砥石の外径の3分の1以上の大きさのものを用いることになっていますので、研削砥石のサイズによっては使い分けの必要があります。形状についてはJISでも標準化されていますので、あとはサイズだけの問題となります。ダイヤモンドホイールにしても、研削砥石にしても、フランジとの間に隙間があると使うことが出来ませんので、しっかりと締めこみます。

締め付けるときは、砥石の回転方向とは逆方向に締める必要があります。フランジは精密部品の中でも砥石とともに「振れ精度」に直接関わる部品のため、保管や取り扱いには十分注意が必要です。フランジと砥石の間にゴミや何か微細な粒などが挟まると精度が狂うどころか、双方に傷がついてしまうこともあります。物に傷がつくということは、その周辺部分が盛り上がってしまうという可能性があり、ぴったりと噛み合う必要がある部品によっては致命的なものになるケースもあります。なお、使用していないフランジはよく手入れの上、錆びないように保管しておきます。

スポンサーリンク

>砥石に取り付けるフランジについての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

砥石に取り付けるフランジについての関連記事とリンク

フランジ:用語解説

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集