人工ダイヤモンドの見分け方

2012年11月05日更新

よく勘違いされる事柄でもありますが、人工ダイヤモンドとはいわゆる「合成ダイヤモンド」のことで、これもれっきとしたダイヤです。偽者のダイヤのことではありません。いわゆる模造ダイヤモンドというのはガラス質や他の透明な物質で作られた偽者で、ダイヤモンドではありません。

結論から言えば、天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドを肉眼で見分けることはほとんど不可能です。天然ダイヤの中でも、工業的に使わないような色合いを持っているものであれば(比較対象がすべて本物のダイヤだと仮定して)、天然のものとわかります。

両者は化学組成上は同じもので、天然であっても人工であっても「ダイヤモンド」の持っている物理的な性質、特に実用上最強といわれる「硬さ」については同等の数値です。

また工業的に生産されている人工ダイヤモンドの場合は、大きさや形状をある程度そろえることが出来ます。これは天然のダイヤでは難しく、一つ一つ加工していく必要があります。

その他、ダイヤモンドの物理的性質を見分ける方法としては、紫外線をあてる方法があります。紫外線を当てた際に、蛍光を発するダイヤモンドは、不純物として窒素(N)を含んでいるもので、熱的性質や電子的性質に影響します。紫外線を当てても蛍光を出さないものには、純度の高い結晶で、熱伝導率が最高のものや不純物がごくごく微量なため、半導体的性質をあわせもつものがあります。

スポンサーリンク

>「人工ダイヤモンドの見分け方」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「人工ダイヤモンドの見分け方」についての関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集