砥石の耐用年数について

2012年10月14日更新

ダイヤモンド砥石やCBN砥石、研削砥石などの工業用の砥石の耐用年数や品質保持期限というのは、箱などに明記されているわけではないため、なかなかわかりにくいものです。

保管状態がよいと仮定した場合、使っていない砥石の耐用年数はボンドの種類や結合度によっても変わります。

レジンボンドで集中度、結合度ともに低い場合、つまり比較的ポーラスな状態のものであれば、2〜3年程度は使うことが可能とされます。但し、これは砥石メーカーによっても異なるため、詳細は購入先メーカーの耐用年数を確認する必要があります。

レジン系の場合は、紫外線や直射日光などの影響も受けやすく、保管場所としては湿気の多い場所も望ましくありません。これらの条件が良くない場合は、劣化してしまうことがあります。

メタルボンドは種類によっては、保管状態により錆(腐蝕)が発生していることがあります。砥石のメタルボンドは、金属粉を焼結してあるため、表面は酸化しているので通常は腐蝕は見られませんが、保管している環境の湿度や、周囲からの貰い錆によって腐蝕することがあります。

ビトリファイドはセラミックス系のボンドで上記の二つに比べると耐用年数は長くなりますが、当然、長期間使わなければ劣化はします。研削砥石などはこのボンドが多いですが、高速回転が前提となるため、メーカーの定める耐用年数を確認の上、砥石に亀裂が入っていないか、ラベルもきちんとついているか使う前に調べる必要があります。

スポンサーリンク

>このページ「砥石の耐用年数について」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

砥石の耐用年数についての関連記事とリンク

砥石の手入れはなぜ必要
ダイヤモンド砥石の使用限界について(工具寿命)
砥石を安全に使うために

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集