砥石の再生について

2012年10月24日更新

砥石の再生には二つの意味があります。一つは使っている途中で、まだ十分に使える箇所が残っているのに切れ味が出なくなってしまったので再生が必要な場合。これは目詰まりや目つぶれ、目こぼれといった砥石特有の現象が原因で使えなくなっていることが多いため、「ドレッシング」と呼ばれる方法で砥石の表面を削ります。ドレッシングは目なおし、目立てということもあります。

同じ砥石同士をこすり合わせたり(切れ味が出なくなっている砥石よりも粒度の粗いものでこするとよいです)、ワークの端材などを削ったりして砥石の表面を削って切れ味を取り戻します。

もう一つの意味は、台金や台座のある砥石、多くは工業用の砥石ですが、これらの砥石部分を完全に使えきってしまったので、再利用したいという場合です。電着砥石などで特殊な形状なものはよく再利用して使われることがありますが、普通のダイヤモンドホイール等は台金はただのアルミ合金であることが多いため、使い捨てにした方がコストが安くすむこともあり、あまり再利用、再生の話は出ません。

一方、特殊なシャンク(台金)の形をした電着砥石や電着工具は、砥石の中でも再利用が盛んな分野です。シャンクはs45c(炭素鋼)やSCM(クロモリ)などが使われますが、ここにメッキをつけ、電着によってダイヤモンドやCBNの砥粒を接着します。窯で焼き上げて作る砥石に比べて、使える正味の厚みは薄いですが、ダイヤやCBNが磨耗した際には、この砥層をまるごと剥離して、再電着することができます。条件によっては再電着できないこともあります。また電着はメーカーによっては剥離しにくい処理を施すことがあり、意外に時間がかかることもあります。

スポンサーリンク

>このページ「砥石の再生について」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

砥石の再生についての関連記事とリンク

砥石の面直しとは
砥石の手入れはなぜ必要
砥石の目つぶれについて
砥石の目こぼれ
電着砥石の特徴
電着工具、電着砥石のメリット、デメリットとは
ダイヤモンドホイールのドレッシング
ダイヤモンドホイールのドレッシング方法についておしえてください。
切り屑、切り粉

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集