有気孔と無気孔のダイヤモンドホイールの違いは何ですか。

2010年8月14日更新

砥石は基本的には三つの要素、「砥粒」「ボンド(結合材)」「気孔」から成り立っていますが、中には気孔があるものとないものとがあります。メタルボンドやレジンボンドで砥石を製造する際には、気孔のもととなる添加物を入れますが、こうしたものを入れずに気泡を取り除く処理をすることがあります。

気孔を入れると、研削中にチップポケットとして作用したり、弾性がうまれて当たりがソフトになり、接触面積が増え切り込み深さが抑えられたり、自生作用を促進させたりする効果を生み出すことができますが、加工の都合上、気孔がないほうがよい場合もあります。こうしたときは、砥粒とボンドのみから構成されたいわゆる二元系の砥石を使うことになります。

気孔の有無は、砥石の製法上の都合による場合もあります。ガラス質のビトリファイドボンドは、その硬さで知られますが、融点も高い材料で構成されています。砥粒として用いるダイヤモンドと、ボンドの原料粉と一緒に撹拌して成形したのち、窯にて焼結しますが、ビトリファイドボンドの焼結温度では高温すぎるためダイヤモンドが持ちません。ダイヤモンドは熱に弱く、一600℃前後から硬さを失い始めます。そこで低融点のビトリファイドボンドが必要となり、融点を下げるために気孔を意図的に作り出す場合があります。

スポンサーリンク

>このページ「有気孔と無気孔のダイヤモンドホイールの違い」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

有気孔と無気孔のダイヤモンドホイールの違いについての関連記事とリンク

砥石のなかみ:砥石の三要素
チップポケット
ボンド(結合材)の種類:メタル、レジン、ビト、電着
気孔

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集