ジュラルミンとアルミは違うものですか。

2012年8月14日更新

ジュラルミンはアルミニウム合金のひとつで、純アルミニウムに添加元素を加えて強化したものです。両者が比較されることはあまりありませんが、トランクやカバンの分野ではアルミケースとジュラルミンケースが双方市販されているため、どちらがどうなのか気にあることがあるかもしれません。

この場合、端的に言えば、アルミケースもジュラルミンケースもどちらもアルミ合金を使ったトランクということが出来ます。ジュラルミンもアルミニウム合金の一種だからです。ただし、ジュラルミンはアルミ合金の中でも機械的強度を高めることに重点が置かれています。

アルミニウムが鉄などと比べて大きく違う点として最もよくあげられるのは、比強度についてです。軽くて強度があると比強度の強い材料ということになりますが、この点ではアルミニウム合金が航空機やジャンボジェット機の筐体に使われたりすることからも納得がいくと思います。

ただ、アルミは合金にする過程で、どのような元素を添加し、熱処理の有無によっても性質はかなり異なります。

金属材料というのはそのほとんどが、「生まれ」と「育ち」があります。生まれとは、その金属のもつ成分、元素の構成比で、育ちとは、金属が完成した後にどのような処理(主に熱処理)が施されたかという点です。アルミ合金の場合は、熱処理して使うタイプと、非熱処理型とに分かれています。

アルミ合金にはJIS規格で固有の番号がついており、ジュラルミンは2000系と呼ばれる分類に入ります。Cuを含むアルミ合金で、強度が高く、鉄鋼に匹敵するとも言われます。

スポンサーリンク

>「ジュラルミンとアルミは違うものですか」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

ジュラルミンとアルミは違うものですかの関連記事とリンク

アルミとアルミニウム合金の特性と種類、用途について
非鉄金属材料の種類

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集