チップブレーカの役割と種類について

2013年8月6日更新

チップブレーカーとは、旋削加工で用いる切削工具でワークを削っているときに発生する「切りくず」を処理するために設けられた工具先端の「溝」や「障壁」のことです。バイトなどの切削工具の刃にうまくマッチしたチップブレーカーがついていると、切りくずが必要以上に成長せず、ワークや工具、作業者を傷つけることなく、きれいに落ちていきます。

スローアウェイチップをはじめ、先端にチップのついたバイトを使って対象を切削すると、対象の切りくずがリボン状にカールしていき、これらがワークに絡み付いていきます。この巻き込んだ切りくずによってワークに傷がついたり、工具側にダメージが起きたりするため、切りくずはいつまでもつながった状態で巻き込んでいくのではなく、適宜、ワークから切り落としていく必要があります。

この役割を担うのが、工具の先端部分についたチップブレーカーと呼ばれるもので、種類としては、形状によって平行形、角度形、溝形、逆角度形などのものがあります。

チップブレーカーに種類があるのは、ワークの材質によって切りくずの発生の仕方が異なるからです。切りくずは旋削の場合、どんどんカールしていきますが、このときに、材質によってはカールするそばから勝手に折れていくものもあれば、巻いた切りくずが工具に当たって千切れるもの、あるいはワークにあたることで千切れるものなどがあります。

またカールするだけならばともかく、切りくずが削るそばからまっすぐに伸びてきた場合、作業者にあたったり、工具にぶつかることでチッピングの原因にもなります。

これらは削っていくワークの材質、加工条件、使用工具、使用機械などによって決まってきますが、チップブレーカーに求められる役割というのは、使う際にこの切りくずがきちんと落ちるかどうかという点のほか、以下の点があげられます。

  • 切りくずを速やかに切断・切り落とし、作業者、ワーク、工具にダメージを与えないようにする
  • 切削抵抗を減らす
  • 工具寿命を延ばす

逆に言えば、チップブレーカがうまく作用せずに切りくずが落ちていかないと、これらがうまくいっているものに比べて、工具に絡みついたり、ワークに絡みついたりすることで、切削における抵抗があがって切れ味が低下し、工具のライフも低下していくということが言えます。

スポンサーリンク

>「チップブレーカの役割と種類について」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「チップブレーカの役割と種類」についての関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集