砥石の粒度の規格について

2009年9月22日更新

砥石の粒度をあらわすとき、メッシュサイズとミクロンサイズと呼び習わす二つの規格があります。メッシュサイズに関しては、JISで粒度の表示方法、分級についての定めがあるため、おおむね各メーカー共通していますが、ミクロンサイズについては特に分級についてJISでの取り決めはありません。

メッシュサイズは#16から#325までを対象とし、#400からはミクロンサイズとなります。メッシュサイズは、1インチ四方を何分割したふるいを使って粒を分けたか、という視点で粒度を分けていますが、ミクロンサイズはメーカーによって分級の方法が異なります。

メッシュサイズ(JIS B 4130 ふるいによる分級)
粒度JIS表示 平均粒径(ミクロン)
16/20 1180
16/20 1180
20/30 840
30/40 590
40/50 420
50/60 300
60/80 250
80/100 177
100/120 149
120/140 125
140/170 105
170/200 88
200/230 74
230/270 62
270/325 53
325/400 44

上記の表示方法で、たとえば16/20とあるのは、#16のふるいを通過し、#20のふるいに残る大きさを表しています。この場合の砥石の粒度表示は「16」となります。325以降の粒度についてはミクロンサイズで表記しますが、こちらにはJIS等で統一した規格はありません。メーカーにより、水力、風力、遠心分級等の方法で選別します。

ミクロンサイズ
粒度表示 平均粒径(ミクロン)
#500 30〜36
#600 25〜35
#700 22〜30
#800 18〜25
#1000 14〜22
#1200 11〜20
#1500 9〜15
#2000 5〜10
#3000 4〜8
#4000 3〜6
#8000 2〜4
#14000 0〜2
#60000 0〜1/2
#100000 0〜1/4
#240000 0〜1/10

スポンサーリンク

>このページ「砥石の粒度の規格について」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

砥石の粒度についての関連記事とリンク

砥石の粒度・粒径の詳細

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集