ダイヤモンドとCBNの違いについて

2009年9月21日更新

ダイヤモンドとCBN(ボラゾン)はそれぞれ工具などに使われる物質として一般砥石に使われる砥粒に比べてはるかに硬い材料です。

ダイヤモンドは天然のものもありますが、CBNは天然には存在しない合成物質で、立方晶窒化ホウ素とも呼ばれます。工業用に用いられる多くのダイヤモンドも人工的に作られたもので、CBNとともにに高温・高圧をかけて作られます。

双方とも、砥石に使われる砥粒としては、「破砕性」や「形状」「耐磨耗性」が考慮されます。グレードも各種あり、用途にあわせて使い分けられています。

CBNがよく使われる局面は、研削対象が「鉄」を含んだ素材の場合です。ダイヤモンドと鉄素材との相性が悪く、鉄鋼関係の素材にはCBNが多用されています。

常温ではダイヤモンドのほうがCBNよりも硬いですが、高温下ではダイヤモンドの硬度が低下するため、CBNのほうが硬さに優れます。CBNは特定条件下では1300℃まで耐熱安定性を持つと言われます。

使い分けのポイント

研削する素材によって、ダイヤモンドがよいかCBNがよいかが決まります。ダイヤモンドが使える局面では、より硬さに優れるダイヤモンドを用いたほうが研削の効率はよくなりますが、CBNの特性が発揮されるようなワークに対してはCBNを用いることでより効率的な研削加工が行なえます。

どちらが優れている、というよりはワークにより使い分けることで砥石の効果を最大限発揮することができます。

砥粒としての性能には、破砕性のほか、形状も影響しますがダイヤモンドとCBNでは若干形状が異なります。

スポンサーリンク

>このページ「ダイヤモンドとCBNの違いについて」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

ダイヤモンドとCBNの違いについての関連記事とリンク

ダイヤモンド・CBN砥粒の詳細
CBNの特性について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集