切削加工できないものでも、研削加工はできるか|切削・研削加工と硬度の関係

2011年1月2日更新

単一の刃で削る切削加工

バイトなどでの切削作業は、刃物でものを削る動きであり、単一の刃による加工になります。したがって刃がこぼれてしまったり、欠けてしまえば加工はできません。刃がワークに勝つか負けるかといった世界であり、非常に硬い素材の加工時には注意を要します。一般には、HRC60を超えると、切削での加工が難しくなってくると言われますが、これは硬さだけでなく、その材料の性質も大いに関係しています。硬くて脆い材料であれば、硬度測定上は高い数字を出していても切削可能なこともあります。硬度は圧子や鋼球を対象に押し付けて、そのくぼみで測定するものが多い為、硬度負けしている=切削不可能とはならない場合もあります。ただ、あくまで刃はワークよりも硬いというのが原則です。

無数の刃で少しずつ削る研削加工

一方で研削の場合は、砥石を用いるため単一の刃ではなく、砥石の表面から出ている無数の砥粒の刃によって削り、かつこれらの刃は「欠け」と「生えかわり」(自生作用)を繰り返しつつ、切れ味を維持するというメカニズムを持ちます。切削用のバイトやエンドミルなどは硬さでワークに負けるわけにはいきませんが、砥石の場合は砥粒の硬さがワークに負けていても加工が可能です。もちろん、ダイヤモンドやcBNなどの高硬度なものを用いたほうが効率的な加工が可能ですが、コストやワーク、加工性状によってはこれらが適さない場合もあるため、万能ではありません。より硬いワークを加工するとき、切削が難しいようであれば研削で加工可能なケースもありますので、砥石での加工はとにかく硬いものでもできる場合があるという点は覚えておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

>「切削加工できないものでも、研削加工はできるか」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「切削加工できないものでも、研削加工はできるか」についての関連記事とリンク

切削と研削の違いについて
研磨と研削の違いは何ですか?
切削加工について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集