砥石に毒性のある物質は含まれていますか。

2010年12月18日更新

砥石にどのような成分を配合させるかは各メーカーのノウハウ、技術に関わる部分で、厳密には開示される情報ではありませんが、一般的には完成品の状態で毒物劇物の類は含有していないとされます。砥石を輸送等する際、危険物として指定を受けている砥石はほとんどないと言ってよいでしょう。正確を期すためメーカーや取扱業者にMSDS(製品安全データシート)をもらい確認するとよいかと思います。メタルボンドであれば、コバルトやカーボニル鉄、ブロンズ、銅、スチール等が主成分となります。レジンボンドであれば、フェノール樹脂やポリイミド樹脂が、ビトリファイドでは長石、可溶性粘土、耐火粘土(フリット)など陶磁器の材料が主成分となります。また、電着砥石であれば、台金材質の他、ダイヤモンドやcBN砥粒、ニッケルメッキが主要な構成成分となります。

ほとんどの工業製品にはこうした注意書きはないと思いますが、口に入れたりすれば危険なことに変わりはありませんので、ご注意ください。万が一、口に入れてしまったり、目に入ったりなどした場合には、砥石メーカー発行のMSDSに対処方法について書いてありますので、一度目を通されることをおすすめします。

スポンサーリンク

>砥石の毒性についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

砥石の毒性についての関連記事とリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集