砥石の集中度を変えると、何が変わりますか。

2010年12月18日更新

「集中度」という表記のある砥石は、ほとんどの場合、工業用途のダイヤモンド砥石か、cBN砥石です。これはダイヤモンドホイールならば、砥粒であるダイヤモンドの量、cBN砥石ならばcBNの量を示す指標です。他の条件が同じならば、集中度を下げる、つまりダイヤの量を減らすと、一粒一粒のダイヤがより深くワークへ切り込みます。したがって、ガラスなどの滑りやすいワークでは効果を発揮します。標準はおおむね100とされ、このとき、砥石の25%がダイヤモンドということになります。一般には、切れ味を上げたいときには少し下げ、ライフを上げたいときには少し上げると言われますが、「切れ」については他の要素と複雑に関係しているため、この指標だけから結論付けることはできません。集中度の高い砥石でも切れ味が抜群というものもあります。

集中度は下げ過ぎれば、個々の砥粒への負荷が高くなりすぎて、切れる前に破砕を繰り返し、逆に切れなくなります。これは上げ過ぎでも同様で、150近くになると切れなくなり、損耗も激しくなります。特に硬い素材を加工するときには、集中度が足りないと損耗がかなり激しくなってきます。この辺りは加工対象となっているワークの性質によりけりと言えます。砥粒の量を減らすことで切り込みを深くして削り取っていくという考え方でいくのか、砥粒の量は多めにして、加工対象へ砥粒があたる回数を増やすという考え方でいくのか、この辺りは加工素材との相性を見極める必要があります。

 

スポンサーリンク

>バフ研磨についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

砥石の集中度の影響についての関連記事とリンク

ポリッシングについて
砥石の集中度
ダイヤモンド砥石の切れ味に影響する要素
ダイヤモンド砥石の寿命について
コンクについて|用語集

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集