超硬合金とダイヤモンドはどちらが硬いですか

2011年10月19日更新

ダイヤモンドのほうが硬いです。超硬合金は、炭化タングステン(WC)や炭化チタン(TiC)などの金属炭化物の粉末を型に入れて焼き固めたもので、通常の金属とは比較にならないほどの硬度を持つ材料です。ロックウェル硬度(HRA)で90台の数値を持つほどの高硬度材料の一つですが、粉体を焼結して作っているため、一般の金属とは少々出自が異なります。

研削や研磨をしてみるとわかりますが、金属系の材料は切り屑は細長いものや流線型、線形のものが主流になりますが、超硬の多くは粉のような切り屑です。これはセラミックス、ガラス、石材など金属よりも硬い材料で見られる現象です。焼結で作っていることもあり、こうした硬さのある半面、金属特有の靭性(粘り)に欠けるきらいもあり、大きな力が加えると突然割れてしまうことがあります。

超硬はダイヤモンドほど硬くはありませんが、体積当たりの単価もダイヤほどはしません。ただ、一般の金属材料に比べると高付加価値ゆえに値段が張る材料ではあります。

超硬は工具の刃として使われるほか、金型等にも使われます。超硬工具として使う場合、現在の切削工具の多くは刃先にはさらにコーティングが施され、耐摩耗性や硬度を上げる工夫がなされています。

ダイヤモンドは当サイトで紹介しているようなダイヤモンドホイールやダイヤモンド工具全般の他、切削工具として使う場合もあります。熱に弱いという特性がありますが、一定の温度以下ならばダイヤが実用上は最も硬い物質と言えます。

スポンサーリンク

>「超硬合金とダイヤモンドはどちらが硬いですか」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「超硬合金とダイヤモンドはどちらが硬いですか」についての関連記事とリンク

金属硬度の一覧
砥粒の種類:ダイヤモンドとCBN(ボラゾン)
砥粒|用語解説、意味
超硬研削・研磨用の砥石の特徴について
超硬の研磨もしくは研削にはどんな砥石や工具が向いていますか。

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集