STAVAX(スターバックス材)とはどのような金属ですか

2011年10月19日更新

STAVAXはウッデホルム社の開発したプラスチック金型用の鉄鋼材料です。スタバックス、スターバックスとも呼ばれます。クロム合金ステンレス工具鋼で、耐食性や耐摩耗性に特に優れた金属になります。表面を美しい鏡面状態に仕上げることができる素材としても有名ですが、加工全般では難削材に分類される金属です。機械的に優れた特性を持つ金属は総じて加工の難度は高いですが、STAVAXは加工硬化が特に大きいため、研削や切削では苦労する素材です。

ウッデホルム社のサイトでは成分や硬度などが公開されていますが、それによると、HRCでは概ね45〜54が推奨されています。常温での密度は7800kg/m3、比熱は460J/(kg.k)、成分はCr(クロム)が13.6%ですが、他にV(バナジウム)、Mn(マンガン)、Si(シリコン)、C(炭素)などを含有しています。炭素量は0.38で、S35Cなどの中炭素鋼に相当しますが、バナジウムをはじめとする耐摩耗性向上のための添加元素を含むため、加工は通常の炭素鋼よりもかなりしにくいと言えます。

研削盤での加工を行う場合は、CBNホイール等が適しています。

ウッデホルム社は特殊鋼を中心とした工具鋼のメーカーで、350年の歴史をもつスウェーデンの会社です。

スポンサーリンク

>「STAVAX(スターバックス材)とはどのような金属ですか」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「STAVAX(スターバックス材)とはどのような金属ですか」についての関連記事とリンク

ウッデホルム社|STAVAXの製品紹介ページ
研磨・研削の切り屑、切り粉
S35C(機械構造用炭素鋼)の機械的性質や成分の一覧
炭素工具鋼鋼材(SK材)の用途、機械的性質、成分の一覧
高速度工具鋼鋼材(SKH材、ハイス鋼)の用途、機械的性質、成分の一覧
合金工具鋼鋼材(SKS SKD SKT)の用途、機械的性質、成分の一覧
ステンレス鋼(SUS材)の種類について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集