焼結ダイヤモンド砥石

2011年11月22日更新

ダイヤモンド砥石にはいろいろな分類方法がありますが、主に産業用途で使われるものをダイヤモンドの固着方法で分けると「焼結したもの」か「電着したもの」に二分することができます。

「焼結したもの」とは、砥石の原料となる粉を型に詰め、窯(電気炉など)で焼き固めたものになります。陶磁器を作るのと似た要領になります。このタイプのダイヤモンド砥石は、砥層といってダイヤモンドの入っている部分が厚めになっています(一般の包丁研ぎ等に使うものはかなり薄めに設計してコストダウンを図っています)。 イメージとしては、このダイヤの入っている部分が立体になっているものが焼結ダイヤモンド、シートのように一層になっているのが電着ダイヤモンドになります。

電着ダイヤモンド砥石は、電着槽と呼ばれる水槽のような入れ物に、砥層をつけるための軸や台金に相当する部分(シャンクやコアと呼ばれます、電気を通す金属を使います)を入れ、電気的に液槽のなかでニッケルなどのボンドとともにダイヤモンドを付着させていきます。シャンクが複雑な形状をしていも、条件次第では満遍なくダイヤモンドを電着させることができたり、ダイヤの出っ張り(突き出しといいます)が比較的大きいため、切れ味に優れたタイプです。ただ、ダイヤの付いている層が一層しかないため、それを使いきったら、張り替える必要があります。対して、焼結タイプで厚いものになると、砥石の損耗とともに表面から突き出すダイヤも生え変わっていきますので、寿命ではメリットがあります。

スポンサーリンク

>「焼結ダイヤモンド砥石」についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「焼結ダイヤモンド砥石」についての関連記事とリンク

ダイヤモンド砥石の製造工程で言われる焼結とは何ですか?

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集