鉄とステンレスの違いについて

2012年8月23日更新

ステンレスはSUS(サス)とも呼ばれ、市販されているものだけでも200種類以上のものがあると言われています。ステンは錆びのことで、ステンレスの名が示すとおり、錆びにくい鉄鋼材料の一つとして知られますが、決して錆びないというわけではありません。

ステンレスは、鉄にクロムやニッケルなどを添加して作られる鉄鋼材料の一つで、特殊鋼に分類されます。このクロムもしくはニッケル、あるいはその両方の含有率がステンレスの特性に大きく影響します。多くのステンレスに共通する点としては、このクロムを12%以上含有している鋼という点があげられます。

鉄とステンレスとの違いとは、すなわち、鉄と鋼の違いの事でもあります。ステンレスは鋼の中の特殊鋼に分類されるもので、日常のなかで多くが使われていますが、大別すると次の5つの系統に分かれます。

  • オーステナイト系ステンレス(クロムニッケル系)
  • マルテンサイト系ステンレス(クロム系)
  • フェライト系ステンレス(クロム系)
  • 二相系ステンレス(クロムニッケル系)
  • 析出硬化系ステンレス(クロムニッケル系)

他の鋼に比べても、ステンレスは、錆びにくく、耐熱、耐薬品、耐食性に優れているものと言えるでしょう。ただ、加工する際には、一定以上の力が加わると硬化してしまう「加工硬化」や、さびを防ぐ要因ともなっている、ステンレスの表面の覆う薄い膜「不動態皮膜」に留意する必要があります。ステンレスが錆びにくいのは、この表面を削っても、空気に触れると再びこの膜が再生するからで、加工内容によってはこれが原因で加工しにくくなることがあります。

スポンサーリンク

>「鉄とステンレスの違いについて」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

「鉄とステンレスの違いについて」の関連記事とリンク

リムド鋼
キルド鋼
セミキルド鋼
鉄鋼材料をはじめ、各種材料の機械的性質や特徴、用途など
鉄鋼材料の種類、材料記号について
ステンレス研磨用砥石(鏡面研磨仕上げ)
ステンレス鋼(SUS)の種類にJIS規格はありますか?
ステンレス鋼(SUS)の表面処理、表面仕上げの種類について:JIS規格、ANSI
ステンレスの酸化皮膜、不動態皮膜とは何ですか?
ステンレス鋼材(SUS)の種類、成分、特性など(外部サイト)
日本の鉄鋼メーカーの一覧
世界の鉄鋼メーカー(粗鋼)の一覧

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集