WA砥石とは何ですか

2011年4月8日更新

WA砥石とは、砥粒にホワイトアランダムと呼ばれるアルミナ(酸化アルミニウム)の一種を用いた砥石のことです。砥粒であるアルミナの化学組成はAl2O3で、粉末状となったアルミナと結合材となるボンド、フィラー(充填剤)などを型に入れて、焼き固めて作られます。なお、アルミナ系の砥粒には他にA(褐色アルミナ)、HA(解砕型アルミナ) 、PA(淡紅色アルミナ)などがあり、それぞれA砥石、HA砥石、PA砥石と呼ばれることもあります。HAは単結晶型のアルミナ、PAは靭性に優れたアルミナ、Aはすべてのアルミナ系の基本となるタイプです。

なお、砥石は砥粒の種類や性質のみならず、ボンドに何を使うのかによって性能も大きく変わりますが、一般にはビト(ビトリファイドボンド:長石やフリット等の原料とするガラス質、セラミック質のボンド)や、レジン(樹脂を原料とするボンド)、ゴムなどを結合材として用います。

高速回転させて使う円盤状のものは「研削砥石」と呼ばれ、筒の内面などを研削研磨するためにブロック状に焼成してスティック状態に切り分けたものを「ホーニング砥石」と呼んだりもします。ダイヤモンド等に比べると極めて安価な砥石で、損耗することを考慮しても使い勝手のよい代表的な砥石の一つと言えます。分類上は、一般砥粒であるWAを使っていることから、一般砥石とも呼ばれます。特殊な形状のWA砥石も機械や業界によっては使われているようです。

なお、WAは炭素鋼、合金鋼、工具鋼、ステンレス鋼などの鉄鋼材料によく馴染み、一般砥粒のなかでは特に「切れ味」に優れた砥石として知られ、特に焼入れ鋼や工具鋼などの比較的加工しづらいものに対しても効果を発揮します。ドレッシングやツルーイングには単石ドレッサーがよく合いますが、研削砥石同士をこすり合わせてもドレスと形状を整えることはできます。この場合、粒度は一段階以上粗いものをあてます。

スポンサーリンク

>WA砥石についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

WA砥石についての関連記事とリンク

砥粒の種類:ダイヤモンドとCBN(ボラゾン)
ダイヤモンドの硬さはどれくらいですか。
砥粒
砥石の三要素
超仕上砥石とは
GC砥石とは
鉱物の硬度について
研磨材の種類について
ホーニング砥石
研削砥石の種類についておしえてください
研削砥石の選び方

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集