ばね研磨に使う砥石について

2011年4月17日更新

ばねの製造時には、端面研削を行うことで荷重の偏芯、座屈などを防ぐことができるため、工程の一部として、砥石による研磨・研削が行われています。ばね研磨のうち、端面研削には、内面取り、外面取りがあります。

こうした端面研削は、卓上グラインダーやエンドグラインダーを使って行われる作業で、方式としては湿式、乾式ともにありますが、ばねの線径によっては重研削となるため、湿式がよく用いられます。線径の細いものには、より簡便な乾式による研磨もよく行われます。

ばねの研磨・研削についても、他の被削材と同様に、材質や寸法によって選ぶべき砥石は変わってきますが、通常のばね鋼、ばね用の鋼材の類であれば、一般にはA砥粒やWA砥粒を用いた研削砥石か、CBN砥石がよく使われます。

ボンドについては、低速ではビト、高速の加工ではレジンが良く使われるといわれ、メタルはあまり用いられません。また粒度は線径によって、太い場合はより粗く、細い場合はより細かくするなどの調整が必要です。CBN砥石を用いるメリットとしては損耗量が少ないため、ドレッシングの間隔が圧倒的に少なく、結果として作業効率の向上につながる点が挙げられます。

スポンサーリンク

>ばね研磨に使う砥石についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

ばね研磨に使う砥石についての関連記事とリンク

CBN砥石・CBNホイール(金属研削・研磨用砥石)
CBNの特性について
ボラゾンとは
研削砥石の種類についておしえてください
研削砥石の選び方
鉄鋼材料、非鉄金属材料などバネに用いられることもある材料の成分、特性など
ボンド(結合材)の種類
レジン
ビト
メタル

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集