研磨材の種類はどれくらいありますか。

2011年4月7日更新

研磨材には液体状のものと、固体状のものとがあり、一般には後者のものを砥石といいますが、サンドペーパーや研磨布、ディスクタイプ、研磨パッドのような製品も研磨材と呼ぶこともあり、両者は明確な定義で区分けはされていません。

研磨材には、磨こうとする対象の表面を削る役割を担う「砥粒」が必ずあります。サンドペーパーにはこれらの砥粒を接着させておくための「基材」と、接着層とで成り立っていますが、液体状の研磨材にはこれらがありません。

研磨材の種類は、この砥粒と基材、ボンドや液体の組み合わせなのですが、世に硬い物質は数多くあれど、使われる砥粒はかなり限定されているのが実情です。

研磨材や砥石に全般的に使われている砥粒は以下の通りです。

  • ダイヤモンド(合成ダイヤモンド、天然ダイヤモンド)
  • CBN(立方晶窒化ほう素)
  • GC(緑色炭化ケイ素)
  • C(黒色炭化ケイ素)
  • SiC(炭化ケイ素)
  • Al2O3(アルミナ)
  • A(褐色アルミナ)
  • WA(白色アルミナ)
  • PA(淡紅色アルミナ)
  • HA(解砕型アルミナ)
  • Z(アルミナジルコニア系)
  • ZrO2(ジルコニア)
  • CeO2(酸化セリウム)
  • SiO2(シリカ)

上記の砥粒の種類に、ボンド、基材(台金)、液体の種類をかけた数が、研磨材の種類ということになります。ボンドは一例を挙げれば、レジン、メタル、ビトリファイド、ゴム、PVA、シェラック、マグネシア、にかわ、ゼラチン等があり、基材としては、アルミ、鉄、鉄鋼材料、鋳鉄、超硬、紙、布、織物、ラテックス、樹脂、フェルト等があります。

スポンサーリンク

>研磨材の種類についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

研磨材の種類についての関連記事とリンク

砥粒の種類:ダイヤモンドとCBN(ボラゾン)
ダイヤモンドの硬さについて
砥粒
砥石の三要素
研削砥石の種類について
研磨材メーカー、CMPスラリーのメーカー一覧

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集