GC砥石とは何ですか

2011年4月7日更新

GCはグリーンカーボナイトの略で、緑色炭化ケイ素のことです。その名の通り、緑色の砥粒であり、砥石にこの材料が含まれていると、色が緑がかるため、見分けがつけやすいです。

同じ炭化ケイ素系である、黒色炭化ケイ素のCや炭化ケイ素のSiCよりも若干硬度が高く、ダイヤモンドが精密加工で主流となる前は、このGCがもっぱら使われており、現在でも性能の向上した研削砥石が数多くあることからこちらを好んで使う人もいます。

GCは一般砥粒(ダイヤモンドやCBNなどの超砥粒以外の砥粒)としては、最も硬度が高く、発熱を嫌う素材に対してもよく適合します。WAとは砥粒の破砕の挙動が異なると言われ、硬さだけでなく、加工性能に大きく影響を及ぼします。

形状はブロック状のものや、スティック状のもの、研削盤で用いるための研削砥石タイプのものなどが市販されています。ボンドはセラミックス、ガラス質のビトリファイドボンドが多いですが、レジン系もあります。

研磨対象としては、ガラス、セラミックス、黄銅、アルミニウム、超硬などに適しているとされますが、鋳鉄をはじめ、金属材料にもよく使われる砥石です。

スポンサーリンク

>GC砥石についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

GC砥石についての関連記事とリンク

砥粒の種類:ダイヤモンドとCBN(ボラゾン)
ダイヤモンドの硬さはどれくらいですか。
砥粒
砥石の三要素
WA砥石とは
研削砥石の種類についておしえてください
研削砥石の選び方
鉱物の硬度について
研磨材の種類について
ホーニング砥石

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集