プラスチックの研磨にはどのような砥石、工具が向いていますか。

2010年9月28日更新

加工性がよく、添加する材料によって様々な特性を持たせることができるプラスチックは、小さな部品等に加工するときや部品として何かに組み込むときにも研磨や研削が行われます。研磨紙などでの細かい手直し、穴をあけた後にその縁部分の面取りを行ったり、表面に溝を入れたりと加工パターンは無数にあると言えます。金型などで成形したままのプラスチックをそのまま使うのであれば、あえて加工する必要もないのですが、昨今、機能的なプラスチックの登場に伴い、使い道も広範囲になってきています。

一般に、研削が必要という場合は、鋭利な砥粒が刃のように突き出している電着タイプの工具や、単結晶ダイヤモンドをそのまま刃のように加工したカッターなどが使われます。仕上げ面が必要という場合は、他のボンドのダイヤモンドホイールを用いるケースもあります。プラスチックは金属やセラミックスほどの耐熱性がなく、熱による軟化もさることながら材料そのものが極端に軟らかく、目詰まりする頻度が高くなります。また思うようにクーラントを使えないなどの状況であれば、なおのこと温度上昇による被削材側のダメージも考慮する必要があります。

スポンサーリンク

>プラスチックの研磨に向いた砥石についての先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

プラスチックの研磨に向いた砥石についての関連記事とリンク

FRP(繊維強化プラスチック)を切断したいのですが、うまく切れません。
ダイヤモンド電着砥石、電着CBN砥石、電着砥石
電着について

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集