非該当証明書、該非判定書にフォーマットはあるか

2013年1月22日更新

非該当証明書とは、輸出しようとする物品がリスト規制品に該当しないことを保証した書面のことです。通常は、製造元が発行しますが、メーカーから判定するのに十分な情報を得ることが出来るのであれば、仲介している輸出者でも作成は可能です。

輸出する際に、税関への提出を求められることがあります。フォーマット(書式)は特に指定されたものはなく、書かねばならない項目としては、以下の内容となります。

  • 「当該製品は輸出貿易管理令別表第1の1項から15項にかかる該当貨物ではありません」といった、リスト規制に該当しないことをはっきり書く。
  • 「なお、輸出貿易管理令別表第1の16項には該当しております。」と書くことで、キャッチオール規制には該当することを明示します。※ほとんどの物品はキャッチオール規制に該当しますが、もし該当しない場合は、ここで16項にも該当しないことを明記します。
  • 証明書を発行している会社名、所属名、責任者氏名、印鑑、連絡先
  • 作成年月日
  • 物品名(貨物名)と型式や型番など他の同種の製品から識別可能な名称

非該当証明とはこれだけになりますが、実際は何を根拠に「輸出貿易管理令別表第1の1項〜15項」に該当しなかったのかも明記する会社もあります(今は非該当証明というと、たいていは該当しなかったという判定に至った経緯も記載しているものが多いかもしれません。)

該非判定書とは、非該当証明書と同じような意味合いで使われることもあり、明確に使い分けられているわけではありません。こちらも、上記のようにリスト規制に対して「該当するのか、該当しないのか」が明記されており、場合によっては判定理由を明記したもののことを指します。

スポンサーリンク

非該当証明書、該非判定書にフォーマットはあるかの関連記事

>このページ「非該当証明書、該非判定書にフォーマットはあるか」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集