英文メールで話題を変えるフレーズ

2015年5月3日更新
英文メールで話題を変える

ひとつのメールの中にあまり多くの内容を詰め込むことはNGですが、ちょっと一言別の話題や、別の懸案事項について書きたくなることもあると思います。そんなときに、話題を切り替えるための便利なフレーズを紹介します。

ビジネスメールの基本としては、1つのメールの中には用件や案件はひとつのみ、しかも簡潔にわかりやすくというのが原則となります。補足説明などの形以外で、別の案件や話題に内容が変わる場合は、メールを変えたほうがあとで件名での検索などもやりやすく、いろいろな面で都合がよいと思いますが、同じメールで話題やテーマ、案件を途中で切り替える必要があるようなときは、それら話題が「変わる」ということを明確に文章でわかるようにします。メール本文に、仕切り線(---)や***などの記号で、視覚でわかるよう区切ってしまう方法を使う人もいます。

Sorry to change the subject,
話題を変えてすみませんが、といった意味です
By the way,
ところで・・といった意味で、不自然にならずにどんなシチュエーションでも話題転換ができます。略語だとBtwとなります。
 
Incidentally,
こちらも上記同様に、「ところで」といった切り出し文句です。
Also,
それと・・・といった意味です。あまりこれが連続していると本題がかすんでしまうので、注意が必要です。ついでに念押しするのに便利な表現です。
Come to think of it
そういえば・・
By chance,
ちょっとして、ところで、もしかして
Well,
さて、そういえば、そうそう、そうですね、といった意味に使える接続詞です。話のつなぎによく使い、メールでも人によってはよく使います。
And now, 
さて、の意味を持つ切り出し文句です。
There's one more thing to tell you.
もう一つ伝えることがあります。
 

スポンサーリンク

>このページ「英文メールで話題を変えるフレーズ」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集