金型における上型と下型を英語で言うと

2016年6月6日更新

プレス機における上型と下型は、金型を構成する一対の組み合わせであり、逆に言えばプレス金型については必ず上型と下型に二分割できることになります。金型は「ダイ」と、「パンチ」に分けて見ることができます。ダイは、いわゆる一般的な金型から想起されるイメージそのもので、金属製のブロックにさまざまな凹凸が作られているものです。パンチは、このダイの凹みにあわせて作られている凸状のパーツです。通常の順配置型と呼ばれる型では、上型の部分にパンチがセットされ、下型の部分にダイがセットされ、材料がこの間に挟まれる形で送り込まれていきます。双方が重ねあわされることで、材料に圧力がかかり、せん断(切断)や曲げ加工、絞り加工といったプレス加工が可能となります。

上型はうわがたと読み、英語ではupper dieと表記します。プレス機械のスライドさせる部分にセットするものが上型です。

下型はしたがたと読み、英語ではlower dieとなります。金型を上下で二分割した際に、プレス機の中で動かないステージ部位(ボルスタ)に置かれる金型であり、下型自体は固定されて動きません。

上部にセットされるものがupper dieで下部にセットされるものがlower dieと覚えておけば間違いないかと思います。なお、上型か下型かはその分野にかかわっている方でないとなかなか見分けるのが困難です。不明な場合は担当者へ確認する必要があります。

上型、下型の英語表記
日本語 読み方 英語
上型 うわがた upper die
下型 したがた lower die

スポンサーリンク

>このページ「金型における上型と下型を英語で言うと」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集