英語で注文書の発注単位が間違っていると伝える

2012年8月21日更新
英語で注文書の発注単位が間違っている

海外と取引していると、伝わったと思っていても相手が思わぬ誤解をしている場合に直面することがあります。注文単位は取引において非常に重要な要素の一つといえますが、この発注単位を相手が間違えている場合、相手にきちんと理解いただく必要があります。以前に口頭やメールで伝えていたのであれば、尚更そのままにはせずに、伝えた方がよいでしょう。

売買契約をきちんと英文契約書で締結できる相手であれば、発注単位について記載しておけばスムーズにいくかもしれませんが、大多数の取引、特に中小規模の物量やリピート品や量産品ではない場合だと売買契約を結ばないことのほうが多いかもしれません。 こうした場合は、やはりメールやFAXなど、あとで確認できるものを使って相手に、当社の発注単位はこうなっています、というのを購入前に伝えておくのがよいでしょう。

事前に伝えておいた発注単位で注文いただけなかった場合:

Dear Ms. Jenny Smith,

Thank you for your order.

However, my understanding is that you have agreed to order these items by 100 pcs or more at a time. The quotation I have submitted is based on this order quantity.

We kindly request you to order by 100 pcs if you would like to apply the unit price I've submitted.

ジェニー・スミス様

ご注文ありがとうございます。 この製品につきましては、一度のご発注で100個以上の場合にお送りした御見積価格を適用させて頂いております。

本単価でのお取引をご希望であれば、一度のご発注量を100個以上にして頂きたくお願い申し上げます。

単価を下げてもらうため、非常に大きな単位で見積りを求められ、がんばって値引きしたが、結局、発注数量が少なかった、というような場合の返答にも使えるかもしれません。

発注単位に関わる英語表現として便利なものを列挙しておきます。

MOQ Minimum order quantityの略で、最小発注単位のことです。
Order quantity 発注量のことです。
Ordering unit 発注単位のことです。
5個単位での発注をお願いしたい場合の表現です。
5 pcs /order or its multiple quantity. (Example. 10pcs, 15pcs, 20pcs, 25pcs..multiples of "5")

スポンサーリンク

>このページ「英語で注文書の発注単位が間違っていると伝える」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集