カシメを英語で表現すると

2014年11月25日更新
カシメを英語

英語でカシメとはswagingやswageと表現され、場合によりcaulking(コーキング)と書かれることもあります。swageの単語自体に、圧力をかけて変形させる工具の意味や延伸加工の意味があります。カシメ機にはswaging machine、あるいはcaulking machine(コーキングマシン)、caulking press machine等といった名称が使われます。

カシメとは「加締め」と書く通り、接合したい部材に圧力をかけて変形させることにより対象を固定する技術です。ハトメやリベット接合をイメージするとわかりやすいかもしれません。ネジなどで固定するものと違い、カシメによる固定は、接合する対象の片側、もしくは両側を変形させて固定します。一般には金属部材についてカシメを行います。カシメたものについては半永久的に固着されますが、使用条件により接合が外れることもあります。

加工技術としては、プレスによるカシメ(ハトメやVカシメ)、スピンニングよるカシメ、熱を圧力を組み合わせて行うカシメ等があります。なお、熱カシメについてはthermal caulkingといった英語が使われます。

スポンサーリンク

>このページ「カシメを英語で表現すると」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集