「もちろんです」と英語で答える

2014年9月9日更新
「もちろんです」と英語

単なるyesでは味気なく、そっけないような印象を与えそうなときにこのような表現でこちらの意識を相手へ伝えるのもコミュニケーションを円滑に進めていく一助になることがあります。

実際、yesにもいろいろなニュアンスを出すことができるのですが、いかんせん、メールでのやり取りでシンプルな文面を心がけていると、ただでさえ相手の顔も見えず声も聞こえないので、何かの依頼や質問に対してyesだけしかないと不安になることがあるかもしれません。あるいは積極的なyesなのか、消極的なyesなのか区別もつきませんので、そんなときに「もちろんOK」というニュアンスを伝えるのにも有効です。

「もちろんです」を意味する英語表現の例
Of course.(「もちろん」の定番の表現です)
Of course I will!(もちろんやります!)
I sure did!(もちろんしましたよ!)
Sure!(シンプルな定番表現です。感嘆符をつけて強調すると印象も変わります)
Sure thing.(もちろんです、相手にお礼を言われた際に使うこともあります。)
Sure you can.(何かをしてよいか聞かれた際に、もちろんいいですよ、といった使い方)
Am I ever.(とても、めちゃめちゃ、超〜といった意味もあります。自分の状態等を聞かれたことに対して、もちろんですといった使い方もされます。)
Definitely. Definitely yesということもあります。yesの強調表現です。
Absolutely. (yesを強調する返事としても使われますが、否定的な言葉をつなげると「絶対に駄目(absolutely not)」といった使い方もできます。
Certainly.(yesの丁寧語である「かしこまりました」の意味もあります)
By all means.(全面的な同意や承諾をしたいときにも)
Why not?(相手への依頼があったときに使うと「もちろん」の意味に)

スポンサーリンク

「もちろんです」と英語で答えるの関連例文

>このページ「『もちろんです』と英語で答える」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集