度々すみませんを英語で言うと

2013年3月22日更新
度々すみませんを英語で

日本語はビジネスの上でも日常でも曖昧でありながらも様々な意味をこめた表現があり、ワンクッション置いて相手に何かを伝えるということがしやすい言葉です。

すみません、は万能な表現の一つで、つい多用してしまいがちで、どちらかというと使いすぎを気をつけるべき言葉の一つかもしれません。ただこれは一概に謝っているわけではなく、相手を気遣うときにも使います。

度々すみませんが、といった表現もその一つと言えます。ビジネスでは繰り返し何かを頼んだり、さっき頼んだばかりなのにまた用事を頼んだり、お願いしたりする必要が出てくることはよくあります。ひたすらplease〜で「〜してください」というのも相手によってはむっとするかもしれません。

英語でも冒頭にワンクッション置くタイプの表現は豊富にありますので、状況によって使い分けていきたいものです。

Sorry to bother you again, but could you send us the specification sheet for product A9 as well?
Sorry to bother you againで、直訳するとまたお邪魔してすみませんが、またお手間をとらせてすみませんが、といった意味になります。この例文では、たびたびすみませんが、製品A9の仕様書もお送りいただけませんか、といった意味になります。
Sorry for taking your time again〜
また手間かけさせてすまないということ伝える表現です。あなたの時間をまた使うことになってしまってすみません、といった意味をこめた言い方です。
Thank you for your prompt response. Further to my previous request, would it be possible to check〜as well? Your help would be much appreciated.
Sorryを使わずに、続けて何かをお願いするパターンです。早速のご回答ありがとうございます。先回のお願いに加えて、〜についてもお調べいただけませんか?ご協力のほど何卒お願い申し上げます。

スポンサーリンク

>このページ「度々すみませんを英語で言うと」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集