英語で仕様変更を伝える

2013年5月1日更新
英語で仕様変更

仕様の変更は相手の同意に基づいて行うのが常道ですが、何らかの事情でメーカー都合での仕様変更を余儀なくされることもあります。こうしたときは、相手の発注前もしくは発注時には仕様変更となることを伝えておく必要があります。納入してから相手がそれに気づくということがないよう、くれぐれも気を付けたいものです。仕様変更した理由についても相手にわかるよう説明しておき、従来品と比べて何が変わり、どういう影響があるのかも可能な限り伝える必要があるでしょう。

This is to announce the specification change to product no.8000 (drawing no. 4000).

We have changed the materials for retainer from s45c to s55c. The reason for this change is〜.

We have tested this part and found out that this change do not affect to your specification requirement. Please refer to the test data attached.

製品番号8000(図面番号4000)の仕様変更をお知らせします。

リテーナーの材料をs45cからs55cへ変えました。この変更の理由は〜のとおりです。

部品を検査し、この変更が貴社の要求仕様に影響がないことは確認済みです。添付のテストデータをご参照ください。

スポンサーリンク

>このページ「英語で仕様変更を伝える」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集