英語でサインの上返送くださいと依頼する

2014年1月27日更新
英語でサインの上返送ください

諸外国の企業とのやり取りでは、印鑑のかわりにサインが使われますが、これには受領確認から内容承認、同意・合意等幅広いシーンで使われます。逆に言えば、相手のサインがなければ効力を持たないものや、意味をなさない書類も多数存在します。サインを依頼する機会は思いのほか多いといえるでしょう。

ビジネス文書は社内、社外そのほとんどに担当者や承認者等のサインがつきます。貿易書類はもちろん、稟議書や議事録についてもサインによって内容を承認したことを示します。中には複写ではなく、自筆サインしたオリジナルの書類しか受け付けられない、というような場合もありますので留意が必要です。

サインは英語でsignやsignatureと言いますが、その依頼の仕方には以下の様な表現があります。状況によっては、「誰のサインが必要なのか」についても明記しておくほうがよいことがあります。

Kindly confirm the document attached and if there's no problem, please sign us back by PDF file.
添付の書類をご確認の上、問題なければサインを頂きPDFで返送ください。
Please send us attached file with your signature by return.
添付のファイルを、サインの上返送ください。
If you can agreed to this please sign this back by next Thursday.
もし同意いただけましたら、次の木曜日にまでにサインの上返送ください。
We would like to have your signature for confirmation.
確認のため、サインを頂ければ幸いです。
It seems that your signature is missing in this document.
この書類にあなたのサインがないようです。
We would like to have the signature from your president.
貴社の社長のサインを頂きたくお願いいたします。
Please indicate where to sign this document.
この書類のどこにサインをすればよいか示してください。

スポンサーリンク

>このページ「英語でサインの上返送くださいと依頼する」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集